2015年8月22日土曜日

AED(自動体外式除細動器)導入のお知らせ。

この度AED(自動体外式除細動器)を導入致しました。


日本光電製カルジオライフ
AED-2100
サイズ 100(高さ)×265(幅)×320(奥行)(mm)
質量 2.7kg(バッテリー、電極パッド含む)
操作ガイダンス音声+心臓マッサージのリズム音
心電記録心電波形+操作ログ(最大3件・90分 1件最大30分)
セルフチェック機能チェック頻度:毎日と毎月
チェック項目:
毎日:バッテリ、電極パッド、内部電子回路、ショックボタン、ソフトウェア
毎月:バッテリ(負荷状態)、電極パッド、内部電子回路、高電圧回路(最大エネルギーでの充放電)、ショックボタン、ソフトウェア
  • ※チェック結果はインジケーターに表示。異常時は10秒毎にアラーム音も鳴動。
電池交換サイクル:概ね3年及び使用時に交換
連続稼働時間:4時間
または、電気ショック:140回
電極パッド
交換サイクル
概ね2年及び使用時に補充交換

  • 電極パッドの交換なくモードの切り換えにより、小児(未就学児)と成人(小学生以上)に使用が可能
    (小児用電極パッドが不要です)
  • 心臓マッサージ(胸骨圧迫)のテンポをリズム音でガイド
  • 心電解析開始から電気ショックが可能となるまでの時間を8秒以内に短縮


国内で毎年およそ6万人もの心臓突然死が発生していると推計されている昨今、AEDを使用する事により心停止に陥った方の生存率は45%にものぼると言われています。

AEDがあれば必ず助かるというわけではありませんが、少なくとも生存率はかなり高くなります。
年間約38万人もの観光客が訪れる西表島において、1人でも多くの心停止による死亡者を減らすための一助になればと思います。



西表島にてアウトフィッタ―業を営む皆さま。
AEDは「西表島ゆくる」の車(白の100系ハイエース)に車載しております。
万が一の際はためらう事無くご連絡・ご使用下さいますようお知らせ致します。

1 件のコメント: